my Top pageドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

HDDの増設に失敗・・そして更に・・トホホ!

  1998年1月4日(日)

年末の年賀状作成やらで、HDDの容量が不足気味になりフリーズするように
なり、HDDの増設をしないといけなくなりました。
内蔵か外付けかで悩みましたが、何せ環境がサバンナですので、こそっと
やるには内蔵タイプがベターと思い、内蔵のE-IDE-HDDを買ってきました。
# サバンナとはマシン他の器材がパラパラで、増えたらすぐ判る。
# 家庭争議のもとになる。

ところが、私のマシンは拡張IDE規格のHDDは受け付けない?(%%;)
無理矢理設定をやりましたが、結局認識せず、おまけにCD-ROMまでもが
認識しなくなりました。IDE Controller が上手く作動しないようです。
やっぱりIDE規格のHDDしか受け付けないのですね・・・。
CD-ROMを認識しないといざというときお手上げですからね。

結局、今日お店に行き内蔵タイプを返却し外付けタイプに変更して貰い
ました。そして増設工事は無事終了しました。(^○^)

最終的なハードディスクの構成は、
primary master IDE-HDD(515MB)  >> Win OS用
primary slave  IDE-CD−ROM  >> 
secondary master IDE-HDD(610MB)  >> FreeBSD用
SCSI HDD(2.0GB)  >> Winアフ゜リ、保存ファイル

となりました。

が、ここでまたまたトラブル発生。
secondary master IDE-HDD(610MB)にFreeBSDがインストール出来
ない??(%%;)
インストール開始直後(binの初っ端 1%)でフリーズ状態に?

なぜー!!
ほんとに疲れるなーー、もうー??
原因を調べなきゃ・・・・トホホ。

こんな調子じゃ、FreeBSDでインターネットに繋げるのは
何時のことやら??
あれやこれやで、せっかく休みの間に、FreeBSDの設定を一挙に
やろうとしたもくろみが、すべて・・・パー。(T_T)


my Top pageドジ話の目次前のドジ話次のドジ話