my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

プリンター(Canon BJC-400J)を設定しました!

  1998年2月16日(月)

  メールの設定をしている最中に、ふとしたきっかけでプリンターが使える
ことが判りましたので、設定をしてみました。

# カーネル設定時に、デバイスとしてパラレルポート(LP1)があるので、何気
# なく「lpt0」をコメントにしていなかったのが幸いしました。最初からサポー
# トされていないからと、コメントにしていたら、プリンターが使える等とは
# 永遠?に判らなかったことと思います。本当に偶然の出来事でした。

まず、間違いなく印刷できるのかをテストしてみました。
/etc/printcapファイルを作って、まずlpdをリセットします。

# lpc
lpc > restart all
canon:
no daemon to abort
canon:
daemon startde
lpc > quit
#

で、リセットが終了します。次に、

# lptest 60 40 | lpr -Pcanon

とコマンドを送ると、プリンターが反応し、

!"#$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\
"#$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]
#$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^
$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_
%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_`
             ・
             ・
FGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_~abcdefghijklmnopqrstuvwxyz{|}~ !"
GHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_~abcdefghijklmnopqrstuvwxyz{|}~ !"#
HIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_~abcdefghijklmnopqrstuvwxyz{|}~ !"#$

と、ヘッドページを印刷せず、本文のみを印刷し、紙送りもきちんとできる
ことが確認できました。ばん万歳!です。

通常、あるファイル(file-name)をプリントアウトする場合は、

# lpr -P canon file-name

で印刷できます。
# printcap にcanon がデフォルトプリンターだということを示すlpを記述して
# いますので、# lpr -P file-name 
# のように canon を省いても印刷します。

日本語の印刷はまだできていませんが、UNIXのファイル関係は今のところ
問題なく印刷できています。
今までは、仕方なく一度FDにコピーしWinNT環境で印刷していました。この
場合、文字化けして印刷できないことが時々ありましたが、これからは安心し
てUNIXから直接印刷できます。
これまで設定してきたファイルを次から次と印刷させています。プリンターの
仕様をこれから色々実験してみて、出来るものなら日本語文書でも印刷できる
ようにしたいと思っています。
でも、結構ハードルが高そうな気もしないでは・・・ないですが。
それと、もう一つ、今の所「スーパユーザー」でないと印刷できていません。

取り敢えず設定した/etc/printcapファイルは以下の通りです。「ハンドブック」
を参考にして作りました。

------< /etc/printcap >------------------

#
# /etc/printcap (Canon BJC-400J) for host dora
#
canon|lp|printer on local port:\
	:lp=dev/lpt0:\
	:sh:\
	:sd=/var/spool/output/lpd:\
	:lf=/var/log/lpd-errs:\

------< END >-------------------------

・「\」は、実際のファイルではバックスラッシュ(\)です。
・各行の終わりには必ずバックスラッシュが必要です。
・最初のプリンター名指定する行は行頭から書きますが、それに続く設定関係の
  記述はTAB下がりした所から記述しないといけないようです。


my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話