my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

デスクトップをWinNT40(Win95?)風にしました。

  1998年2月21日(土)

  今まで、ウィンドウマネージャーにFvwm2を使っていましたが、どうも馴染
めないものですから、WinNT風のデスクトップに変えました。
# 今までズーッとこのデスクトップ画面に慣れていますので・・・。
# 本当はWin95風と言います。が、WinNT40を普段使っていますので。

パッケージからfvwm95-2.0.43を選択しインストールしました。
そして、/usr/X11R6/lib/X11/xinitrc/xinitrcを次のように設定しました。
現在、インターネットにppp接続してメールの受信・送信・読むことがメイン
ですので、最初からKtermを2つとmuleを起動させています。タスクバーに
ちゃんと表示され、タスクバーのボタンをクリックすると各アプリに切り替
わり、非常に便利です。
「system.fvwm95rc」はデフォルトのまま使っており、整備は行っていません。
その内、行おうと思っていますが・・・・、何時のことになるやら・・・。

と思っていましたが、結局「 AfterStep 」を今は使っています・・・・。

--------< /usr/X11R6/lib/X11/xinitrc/xinitrc >---------------------
#!/bin/sh

kterm -geometry 80x24-0-0 &
mule -geometry 80x24-0+0 &
kterm -geometry 80x24+0+0 &
emiclock -geometry 140x140-0+0 &
xbiff -geometry +150-30 &
fvwm95
------------------< END >--------------------------------------
# 「emiclock」は不要かも。デフォルトでタスクバーにデジタル時計が表示
# されます。
# 「xbiff」は新着メールが到着すると知らせてくれるので、遊びでいれてい
# ます。


my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話