my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

dp/NOTE 【日本語ワープロ】

  1998年4月2日(木)

  今日は、UNIXでの日本語ワープロのデファクトスタンダードと言われているdp/NOTEを
インストールしました。
kinput2 & cannaserver 環境でちゃんと立ち上がってくれました。以前、pc98で一太郎を
見た事がありますが、それとどこか似ているような感じでした。先程入れたばかりで使い
方はまだ良く判りません。お試し版ですので実際の使用は出来ません(10分経過すると
ファイルの保存が出来なくなる)が、練習するのはいくら使っても良いようです。これで
しばらく遊んでみようと思っています。日本語エディター以外にワープロまで手にする事
が出来ました。機能をちょこっと見ましたが、HTMLエディター機能や、WinWORDへの変換も
出来るようです。使い勝手が良ければ、購入したいと思います。
  いよいよ、楽しい環境になっていきます。

インストールの説明書には、
 □ FreeBSD 版の場合
                 # mount -t cd9660 /dev/xxxx /cdrom
                 # cd /cdrom
                 # cd ./freebsd
                 # pkg_add jp-dpnote-1.00.tgz
と書かれていますが、
# mount /cdrom   <---で「OK」です。IDE-CD の場合はこれでマウント出来ます。
# cd /cdrom
# cd /dp_note/freebsd/  <---FreeBSDだったかな?
# pkg_add jp-dpnote-1.00.tgz

でインストールできます。
あとは、
/usr/home/manpou/.cshrc
ファイルにパスを書きこんで、<---説明のとおりに。
ユーザーに戻って(# exit)、
% startx
で、X Window System を立ち上げ、Kterm 上で、
% kinput2 &
% dpnote
でワープロが立ち上がります。
どちらにしても、インストールの説明書が入っていますので、それを先に読んでから
インストールした方が良いと思います。(私は読まなかった馬鹿の一人になりました。)

【ホームページ】

  ホームページの編集で、ファイル関係を調べていましたら、余りの多さにびっくりし
ました。全部で182のファイルがありました。何時の間にこんなに溜ったんだろうと思い
ます。最初にホームページを立ち上げたのが1995年の12月でしたから、もう2年と4ヵ月
経つんですね。その間にちょこちょこアップデートしてきましたから、何時の間にか
「塵も積もれば山となる」の例えで増えて来たのだと思います。ちなみに、

 1995年12月   詩集:かすがの        19ファイル
 1996年 4月   HTML入門              35ファイル
 1997年 5月   ニュー九州夢人倶楽部  35ファイル
 1997年 8月   おまけ                27ファイル
 1998年 1月   PC-UNIX 膝栗毛        62ファイル
              その他                 4ファイル

となっています。
我ながら、飽きもせず良くまあこれだけ作ったなーと呆れてしまいました。
カウンターを勘定してみると、平均して約3.5回/日のアクセスが有ったようです。



my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話