my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

メールヘッダー一覧の文字化け解消!

  1998年5月9日(金)

「Mule」で「Mh-e」を使ってメールの読み書きをしています。が、mh-e のヘッダー
一覧の日本語の文字化けすることで悩んでいました。ヘッダー一覧が読めないと、
誰からのものなのか、タイトルが何なのかが全く判りません。オープンすれば、本文
は読めますので何が書かれているか、誰からなのかはわかりますが、それでもタイト
ルは判りません。
  が、ようやくこの問題に片をつけることができました。
多少、使用上の不具合も残っていますが、全体として問題はありません。。

【環境】FreeBSD 2.2.5-R 
        ja-jp-mh-6.8.3
        ja-jp-cmule-2.3
【現象】
      mule 上で mh-eを起動してメールを読み込む時に、メール一覧の日本語がISO-
      2022-JP の7ビットにエンコード("=?ISO-2022-JP?B?・・")され読めない。

【解決方法】

1. まず、/usr/local/lib/mh/scan.default ファイルを ~/Mail/scan.form として
   コピーする。
% cp /usr/local/lib/mh/scan.default ~/Mail/scan.form

2.  ~/Mail/scan.form を次のように編集する。

---------- ~/Mail/scan.form ------------------------------
%; NOTE: This file is supplied for reference only; it shows the default
%;	format string (for non-UK sites) which was compiled into "scan".
%;	See the source file "h/scansbr.h" for details.
%4(msg)%<(cur)+%| %>%<{replied}-%?{encrypted}E%| %>\
%02(mon{date})/%02(mday{date})%<{date} %|*%>\
%<(mymbox{from})%<{to}To:%14(hdecode(friendly{to}))%>%>%<(zero)%17(hdecode(friendly{from}))%>  \
%(hdecode{subject})%<{body}<<%{body}>>%>
---------------------- end of ~/Mail/scan.form-------------

(注) ¥は実際のファイルでは、バックスラッシュです。
       4を 5 にすると、メール番号を 5 桁にできます。

3. 次に、 ~/.mh_profile に次の様に追加記述。

-----------~/.mh_profile ----------------------------------
Path: Mail
scan: -form scan.form
inc: -form scan.form
file-coding:	ja_JP.jis7
process-coding: jp_JP.jis7
display-coding: jp_JP.jis7
send: -hencode
whom: -hencode

---------------------- end of ~/.mh_profile----------------

で、終りです。

scan と inc の指定は必要です。というのは、
「scan」は、保存済みのメール一覧の日本語表示。( C-u M-x mh-rmail )
「inc」は、新着メール一覧の日本語表示。( M-x mh-rmail )
とそれぞれ別の作業を受け持っているようです。

これだけで、kterm(-km euc設定のもの)上で、それぞれ「scan +inbox」
「inc +inbox」とコマンドしても、きちんと日本語表示はされます。

がこれだけの設定では mule 上での日本語表示は駄目です。
 mule 上で日本語表示をさせるには、次の3行が必要になります。

最後の2行は、送信時 header の MIME encode するためです。

my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話