my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

ようやく Samba Server 立ち上がる。

  1998年11月14日(土)

今回は、往生しました。が、遂にFreeBSD 2.2.7-R 上でSamba Server が
綺麗に立ち上がりました。MS-Windows95 マシンを立ち上げると、ネットワ
ークコンピュータ窓やエクスプローラ窓に PC-UNIX マシンの名前が表れま
した。
    コンピュータ名       コメント
       Hiro               Samba Server  
       Tama               Win95 client

マシン名をクリックすると共有ファイルや共有プリンタを開く事が
できました。PC-UNIX マシンを MS-Windows95 マシンのファイルサーバー
とプリンタサーバーにすることが出来た訳です。

往生した大きな原因は、私の持っている Win95 は新しいバージョンで、Win95b 
なのだったという事でした。
ずーっと Win95a だとばかり思っていましたので、気づくのに遅れました。
ping は返ってくるし、ftp も telnet も問題無く出来ているし、ちゃんと名前
解決も出来ているのに、Win95 側ではネットワークマシンとして認識しない状態
が続いていました。もしかするとバージョンの違いによるものかも知れないと(確
かではないですけど)思いその場合の設定をやってみたら、旨く行きました。

UNIX マシンに置いた MS-Win95 関連のファイルは OFFICE 関連でも
何でもちゃんと動いています。system に依存しないアプリケーション
なら稼働もさせられます。フォルダーの新規作成やら、ドラッグ&
ドロップも出来ます。全く別の Win95 マシンを操作しているような
錯覚になります。この Samba Server ってとんでもない優れモノです
ね。更にその上 Free なんですから。

でも、今回は、両方の OS 間を行ったり来たりで本当にくたびれました。
しばらくは休みたい気持ちです。

が、これで又一歩大きく前進しました。

一休みしたら、次は WWW サーバー設定を行いたいと思っています。
# 今度は、土壷にはまらないとは思いますが、、、、。ちょっぴり不安。


my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話