my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

FreeBSD 3.1-R をインストール

  1999年04月25日(日)

 メインマシン(愛機 Dora )の OS(FreeBSD) を 2.2.8-R から 3.1-R にバージ
ョンアップしました。(UNIX USER 5 月号付録 CD より)
# これでようやく世間の流れに追い付いた。(世間の実際はもう 3.1-S ?)

でも、今回のバージョンアップは苦労しました。ヨーロッパに遊びに行ってい
たり、仕事が忙しくて事前の調査をほとんどしていなかった結果で、自業自得
といえばそれまでですけどね、、、。
# 後、ハンドブックが 2.x-R シリーズ ? だったりして往生こいています。

インストール FD が 1.44MB 2枚になった位は知っていましたので、これは別
段どういうこともありませんでした。MS-DOS 上で、
D:\3.1-RELEASE\floppies ディレクトリに移動して、

D:\3.1-RELEASE\floppies\kern.flp
                       \mfsroot.flp
の2つのイメージを、それぞれ
D:\3.1-RELEASE\floppies > D:\3.1-RELEASE\tools\rawrite.exe kern.flp a:
D:\3.1-RELEASE\floppies > D:\3.1-RELEASE\tools\rawrite.exe mfsroot.flp a:
で FD にコピーしました。
# これまでの経験上、カレントディレクトリーは floppies にしていた方が失敗は少
# ないようです。ちなみに「 D:\」 は私のマシンの CD ドライブです。

kern.flp で起動させ mfsroot.flp を要求されたら挿入し「Enter」キーでインス
トールが始まります。それ以後の手順はこれまでのバージョンの方法と何ら変わり
は無くスムーズに行えました。

これでばっちりアップグレードが出来たものと思い再起動。
????
なにい! / が判らない? kernel が判らない?
どういうこっちゃ!
であっさりアップグレードを諦め、一からインストールしてしまいました。
# この題目がアップグレードでは無くインストールになっている事の顛末です。

でも結果は同じでした。
後で判った事なんですが、起動画面で Disk0 Disk1 Disk2 等というメッセージ
が何ででるのかがです。起動時に、カーネルを置いてある / ディレクトリがどの
HDD にあるかを明示してやらないといけなかったんです。
Primary master = Disk0
Primary slave = Disk1
Secondary master = Disk2
という対応になっています。私の場合 Secondary master にインストールしてい
ますので、起動時に次のメッセージが出た段階で、

Hit [Enter] to boot immediately, or any othe key for command prompt.
Booting [Kernel] in 9 seconds....

「Enter」キー以外を打って、

Type '?' for a list of command, 'help' for more detailed help.
disk2s1a > 

とプロンプトが出たところで、 

set root_disk_unit=2

と、 root のあるディスクを明示しないといけませんでした。これが判るまでは何が
悪いんだろうと本当に「???」で苦労しました。
# FreeBSD-users ML の過去ログを調べて判りました。

後、インストール時のユーザー初期設定を有効にするためには、次の命令も必要でした。

load kernel
load -t userconfig_script /kernel.config

これらを起動の度にいちいち入力するのは面倒ですので、/boot/ の boot.conf 
ファイルに下記のようにまとめて記述しています。

-----------  /boot/boot.conf ------------------------------------
set root_disk_unit=2
load kernel
load -t userconfig_script /kernel.config
---------- end of  /boot/boot.conf -----------------------------

次は、Kernel 再構築前の boot メッセージです。

------------ dmesg ---------------------------------------------
Copyright (c) 1992-1999 FreeBSD Inc.
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993
        The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD 3.1-RELEASE #0: Mon Feb 15 11:08:08 GMT 1999
    jkh@usw3.freebsd.org:/usr/src/sys/compile/GENERIC
Timecounter "i8254"  frequency 1193182 Hz
CPU: Pentium/P54C (94.97-MHz 586-class CPU)
  Origin = "GenuineIntel"  Id = 0x525  Stepping=5
  Features=0x1bf
real memory  = 33554432 (32768K bytes)
config> di zp0
config> di ze0
config> di lnc0
config> di le0
config> di ie0
config> di fe0
config> di ex0
config> di ep0
config> di cs0
config> di wt0
config> di scd0
config> di mcd0
config> di matcdc0
config> di bt0
config> di aha0
config> di adv0
config> en ppc0
config> ir ppc0 5
config> f ppc0 0
config> en ed0
config> po ed0 0x300
config> ir ed0 11
config> iom ed0 0xd8000
config> f ed0 0
config> q
avail memory = 29503488 (28812K bytes)
Preloaded elf kernel "kernel" at 0xf0340000.
Preloaded userconfig_script "/kernel.config" at 0xf034009c.
Probing for devices on PCI bus 0:
chip0:  rev 0xbd on pci0.0.0
wdc0:  rev 0x02 int a irq 255 on pci0.3.0
vga0:  rev 0xf9 on pci0.4.0
Probing for devices on the ISA bus:
sc0 on isa
sc0: VGA color <16 virtual consoles, flags=0x0>
ed0 at 0x300-0x31f irq 11 on isa
ed0: address 00:c0:df:c4:a1:98, type NE2000 (16 bit) 
atkbdc0 at 0x60-0x6f on motherboard
atkbd0 irq 1 on isa
psm0 irq 12 on isa
psm0: model Generic PS/2 mouse, device ID 0
sio0: configured irq 4 not in bitmap of probed irqs 0
sio0 at 0x3f8-0x3ff irq 4 flags 0x10 on isa
sio0: type 8250
sio1 at 0x2f8-0x2ff irq 3 on isa
sio1: type 16550A
fdc0 at 0x3f0-0x3f7 irq 6 drq 2 on isa
fdc0: FIFO enabled, 8 bytes threshold
fd0: 1.44MB 3.5in
wdc0 at 0x1f0-0x1f7 irq 14 on isa
wdc0: CMD640B workaround enabled
wdc0: unit 0 (wd0): 
wd0: 515MB (1056384 sectors), 1048 cyls, 16 heads, 63 S/T, 512 B/S
wdc0: unit 1 (atapi): , removable, accel, iordis
acd0: drive speed 689KB/sec, 256KB cache
acd0: supported read types: CD-DA
acd0: Audio: play, 256 volume levels
acd0: Mechanism: ejectable tray
acd0: Medium: CD-ROM unknown medium, unlocked
wdc1 at 0x170-0x177 irq 15 on isa
wdc1: unit 0 (wd2): 
wd2: 1222MB (2503872 sectors), 2484 cyls, 16 heads, 63 S/T, 512 B/S
ppc0 at 0x278 irq 5 on isa
ppc0: SMC FDC37C665GT chipset (PS2/NIBBLE) in COMPATIBLE mode
nlpt0:  on ppbus 0
nlpt0: Interrupt-driven port
ppi0:  on ppbus 0
plip0:  on ppbus 0
vga0 at 0x3b0-0x3df maddr 0xa0000 msize 131072 on isa
npx0 on motherboard
npx0: INT 16 interface
Intel Pentium detected, installing workaround for F00F bug
changing root device to wd2s1a
----------end of dmesg --------------------------------------

my Top page便利な大福帳ドジ話の目次前のドジ話次のドジ話