my Top pageドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

自宅サーバー Red Hat Linux 6.1J に

  2000年03月15日(水)

  自宅のサーバーを Red Hat Linux 5.2J から Red Hat Linux 6.1J にしました。
といっても、訳あって、アップグレードじゃなく、新規インストールです。
最初から X ウィンドウズとマウスを使って設定が出来るようになっていました。
まあ、便利なのは便利なのですが、カスタム選択以外は ブートFD 作成が出来ず
勝手に LILO がインストールされてしまうのには手こずりました。LILO でブート
できなかったからです。LI で止まったままになって先に進みません。カスタムで
できるのが判るまで本当に手こずりました。どんな選択でも ブートFD の作成が
出来るようにしておいて欲しいものです。
# 私が単に知らないだけ、、、。
LILO にはてこずると耳にしていましたが、体験したのは初めてで面くらいました。

デフォルトのデスクトップは、GNOME ですね。5.2 も同じなんでしょうが、はコン
ソールベースでインストールしたので、デスクトップ環境は判らないままでした。
円ライトメントがベースらしいですが、サーバーマシンは、100MHz のペンチウム
ですので、さすが重たいです。コンソールベース起動に設定にしていますので、実
用上は問題はありません。

これから、ぼちぼちと、サーバーの設定をやっていくつもりです。


my Top pageドジ話の目次前のドジ話次のドジ話