my Top page| ドジ話の目次| 前のドジ話次のドジ話

ダイアルアップルーターの設定

  2000年07月13日(水)

NTT のフレッツアイの申し込みも、Biglobe の IP接続サービスの申し込みも
終わりました。いよいよ今月の25日から、我が家も24時間接続環境になり
ます。家族全員も知っています。
そうすると、困ることが起きてきます。家族5人でアカウント3つを使ってい
ますし、夏休みも始まります。特に夜などは使用時間帯が重なってきます。
ISDN でも2回線しか有りません。姦し世帯ですので、電話はしょっちゅう掛っ
てきたり、掛けています。現在でも、トラブっています。女房がヒスを起こす
のは目にみえています。家庭内 LAN を使った接続環境に変えざるを得なくな
りました。少々投資額が張りますが、会社でも LAN 間ルーターとして使って
いる、NAT とダイアルアップ機能を持つ 「YAMAHA RTA52i」 を買いました。
自宅のマシンは全部で4台ですので、ルーターの LAN ポートだけでも足りま
す。

今後は、各種アプリのダイアルアップ設定から常時接続環境の設定に変える作
業が忙しくなります。それも25日以降からですね。といっても、デフォルト
に戻せば良いわけですから、難しくはないと思います。

ルーターの設定は、マニュアルどおりにすれば、問題ありません。

Vine Linux 2.0 は、ネットワークの設定をやり直しました。
# 「**窓」は付属のマニュアルをどうぞ。でも要注意!!

方法は色々ありますが、
私は、「メインメニュー」「ユーティリティ」「管理ツール」
「コントロールパネル」から「Network Configration」を選択っする方法を
とりました。

「ルーティング」タブを選んで、「追加」ボタンをクリックすると、
「スタティックルートを編集」ダイアログが現れます。
    デバイス:eth0
    ネットワーク:192.168.128.0
    ネットマスク:255.255.255.0
    ゲートウェイ:192.168.128.1
「了解」ボタンクリック

次に「インターフェイス」タブを選んで、
自ホストのネットワークカード eth0 を選択し、「編集」ボタンを
クリックすると設定ダイアログが現れる。
インターフェイス設定プロトコル を dhcp にする。
ブート時にインターフェイスを活動させるチェックをオン

了解ボタンを押して終了し、マシンを再起動すれば、設定は終了です。

後は、ネットスケープで外部 URL や MEW の i でルーターが自動ダイアル
アップし Web や Mail を自動的に取得できます。これまでの様に PPXP を
起動させたりしないで済むので便利ですね。

----- /etc/sysconfig/network ----------

NETWORKING=yes
FORWARD_IPV4=no
HOSTNAME=dora.home
GATEWAY=192.168.128.1
GATEWAYDEV=eth0

---- /etc/sysconfig/network-scripts/ifconfig-eth0 -----------------

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=dhcp
IPADDR=0.0.0.0
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.128.255
NETWORK=192.168.128.0
USERCTL=no
ONBOOT=yes


my Top page| ドジ話の目次| 前のドジ話次のドジ話