my Top page| ドジ話の目次| 前のドジ話次のドジ話

CD-ROM から Linux

  2003年12月19日(金)

Linux をハードディスクにインストールしなくても、CD-ROM から起動できるものがあると
話には聞いていました。”ほー、そんなもんが出来たんだ”くらいに思っていました。
やって見たいと思った訳ではありませんので、ほんと、話のネタ程度でした。
が、先日手持ちの CD-ROM を調べていたら、持っているではありませんか。

KNOPPIX 3.2 日本語版  なるものを。

早速、試してみました。
BIOS を CD BOOT 可 にして、起動。
何もしなくて立ち上がってきました。

中身をちょこちょこ覗いてみましたが、まあ、入ってるは入ってるは、天こ盛り状態です。
HDD、パーテーション等もきちんと認識できていましたが、アクセスは、権限で撥ねられ出来ません。
ここらが出来たら何も言うことは無いのですが、、、、。
FDD だけはアクセスできるようです。

あと、私のCDドライブは旧式の4倍速ですので、アプリの起動に時間がかかります。最近のCDドライ
ブは性能が良いので問題は無いと思います。

取りあえず、Linux のデモに使うにはもってこいのものだと思います。
インストールしてやる必要もなく、デモPCを持って行くことも不要ですし、M$-Windous マシンにでも
BIOS 設定だけで簡単に起動しますので便利ですね。

で、いつも持ち歩くことにしました。

# BIOS 戻すの忘れないように、、、、。
# 忘れて、起動しませんでした。 どじ!! (; ;)


my Top page| ドジ話の目次| 前のドジ話次のドジ話