my Top pageドジ話の目次/ 前のドジ話|次のドジ話

Plamo Linux をインストール。

  1998年12月13日(日)

  FreeBSD によるネットワーク設定も一段落し、ようやく Linux の
世界に足を踏み入れる時間ができました。これまで PC-UNIX のうち
BSD 系は FreeBSD でやってきましたので、もう一つの大きな柱であ
る Linux 系にも手を出せたわけです。Turbo Linux や Redhat 系の
商用には余り興味がないものですから、Slackware か Debian のどち
らにしようかなと迷っていたところに、Software Design 12 月号に
Plamo Linux (Slackware 系) が添付されたのと、 ML 等で話題にな
っていましたのでこれ幸いにと買い込みました。同時にエーアイムッ
ク 214 号付属の Debian 2.0+hamm-jp も買っています。で、結局 
 Slackware も Debian も買ってしまいました。

 インストールは説明どうりにやっていきましたが、肝心なところの
説明が不足していて、Plamo を初めてインストールする者にとっては
殆んどチンプンカンプンで判らないと思います。UNIX が初めての方
はまず殆んど全滅じゃないかと思います、悲しいかな。
  私の場合、これまで FreeBSD をやっていましたので、その知識で
何とかクリアーしていきました。それでも何度か exit してやり直し
ました。それでも完璧に間違えた所が一つありました。それは、シス
テム用のパーテーションとユーザー用のパーテーションとスワップパ
ーテーションの3つに分けましたが、ユーザー用のパーテーションへ
のマウント指示を間違ってしまいました。FreeBSD では、ユーザー
のカレントディレクトリは通常? /usr/home 以下に作られますが、
Linux の場合は、 /home 以下なんですね。これを間違えました。

  もう一つ判らなかったのが、lilo をインストールして、再起動させ
たところが、linux しか立ち上げられずに Win95 を立ち上げられなく
なったことです。この問題は、lilo.conf の man を読んで解決しました。
LILO と出たところで、
「Shift」キー打って、
「Tab」キーでメニューを出して
選択すれば良い
のですね。こんな基本的な事くらいインストールマニュアルに書いとって
欲しいですね。こりゃ初心者には、絶対判らんと思います。Linux のユーザー
には当り前かも知れませんが、知らない者はこれだけでもびっくりします。

でも、Plamo linux って、最初から日本語環境が構築されているので非常に
楽です。kon Kterm Mule 等最初から日本語対応ですので初心者向きです。
それと、今までは日本語変換に Canna を使っていましたが、今回は Wnn を
使うようにしましたが、これに関する設定など何一つやらずに終りました。
便利で楽です。

又、色んなアプリ関係が一緒にインストールされてしまっていますので、
すぐに使えるのが便利です。仕組みは後でも覚えられますのでね。

別のマシンの FreeBSD から、 ping telnet を掛けると無事認識しますので
ネットワーク周りも大丈夫な様です。
plamo からも ping telnet 掛かります。# 当り前か?


> telnet 192.168.128.2
Trying 192.168.128.2...
Connected to eva.home.
Escape character is '^]'.

Linux 2.0.35 (eva.home) (ttyp0)


eva login: root
Linux 2.0.35.
Last login: Fri Dec 11 23:56:40 on tty1.
You have mail.

A little inaccuracy sometimes saves tons of explanation.
                -- H. H. Munroe

eva:~# pwd
/root
eva:~# cd ..
/
eva:/# ls
bin/         dev/         etc/         mnt/         tmp/
boot/        dosc/        home/        proc/        usr/
cdrom/       dosd/        lib/         root/        var/
core         dose/        lost+found/  sbin/        vmlinuz
eva:/# exit
logout
Connection closed by foreign host.
> ping 192.168.128.2
PING 192.168.128.2 (192.168.128.2): 56 data bytes
64 bytes from 192.168.128.2: icmp_seq=0 ttl=64 time=1.645 ms
64 bytes from 192.168.128.2: icmp_seq=1 ttl=64 time=1.311 ms
64 bytes from 192.168.128.2: icmp_seq=2 ttl=64 time=1.314 ms
64 bytes from 192.168.128.2: icmp_seq=3 ttl=64 time=1.334 ms
64 bytes from 192.168.128.2: icmp_seq=4 ttl=64 time=1.326 ms
64 bytes from 192.168.128.2: icmp_seq=5 ttl=64 time=1.321 ms
64 bytes from 192.168.128.2: icmp_seq=6 ttl=64 time=1.303 ms
^C
--- 192.168.128.2 ping statistics ---
7 packets transmitted, 7 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 1.303/1.365/1.645/0.115 ms
> 

ちなみに、現在の Bootlog です。まだ問題が残っているようです。
サウンドブラスターなど大丈夫かしら。

manpou@eva# dmesg
Console: 16 point font, 400 scans
Console: colour VGA+ 80x25, 1 virtual console (max 63)
pcibios_init : BIOS32 Service Directory structure at 0x000f0280
pcibios_init : BIOS32 Service Directory entry at 0xf0210
pcibios_init : PCI BIOS revision 2.10 entry at 0xf0200
Probing PCI hardware.
Calibrating delay loop.. ok - 52.84 BogoMIPS
Memory: 62472k/65536k available (1208k kernel code, 384k reserved, 1472k data)
Swansea University Computer Society NET3.035 for Linux 2.0
NET3: Unix domain sockets 0.13 for Linux NET3.035.
Swansea University Computer Society TCP/IP for NET3.034
IP Protocols: IGMP, ICMP, UDP, TCP
Linux IP multicast router 0.07.
Checking 386/387 coupling... Ok, fpu using exception 16 error reporting.
Checking 'hlt' instruction... Ok.
Intel Pentium with F0 0F bug - workaround enabled.
alias mapping IDT readonly ...  ... done
Linux version 2.0.35 (root@hurricane) (gcc version 2.7.2.3) #5 Sun Oct 4 21:10:26 JST 1998
Starting kswapd v 1.4.2.2 
Serial driver version 4.13 with no serial options enabled
tty00 at 0x03f8 (irq = 4) is a 16550A
tty01 at 0x02f8 (irq = 3) is a 16550A
PS/2 auxiliary pointing device detected -- driver installed.
APM BIOS version 1.1 Flags 0x03 (Driver version 1.2)
    Entry f220:0 cseg16 f000 dseg 40 cseg len 3a0, dseg len a0
    Connection version 1.1
    AC on line, battery status unknown, battery life unknown
    battery flag 0x80, battery life unknown
Sound initialization started
sb: Interrupt test on IRQ5 failed - device disabled
 at 0x388
Sound initialization complete
Ramdisk driver initialized : 16 ramdisks of 4096K size
loop: registered device at major 7
hda: FUJITSU MPB3021ATU, 2062MB w/0kB Cache, CHS=523/128/63
hdc: MATSHITA CR-582, ATAPI CDROM drive
ide0 at 0x1f0-0x1f7,0x3f6 on irq 14
ide1 at 0x170-0x177,0x376 on irq 15
scsi0 : BIOS version 3.?. at 0xc8000 using scsi id 7
scsi0 : TMC-36C70 (PCI bus) chip at 0x7200 irq 7
ppa: Version 1.42
ppa: Probing port 03bc
ppa: Probing port 0378
ppa: Probing port 0278
scsi0 : Future Domain TMC-16x0 SCSI driver, version 5.44
scsi1 : SCSI host adapter emulation for IDE ATAPI devices
scsi : 2 hosts.
  Vendor: SAMSUNG   Model: WN321010S         Rev: 1224
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi disk sda at scsi0, channel 0, id 3, lun 0
  Vendor: FUJITSU   Model: M2512A            Rev: 1507
  Type:   Optical Device                     ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi removable disk sdb at scsi0, channel 0, id 5, lun 0
scsi : detected 2 SCSI disks total.
SCSI device sda: hdwr sector= 512 bytes. Sectors= 4218750 [2059 MB] [2.1 GB]
fdomain: REQUEST SENSE Key = 2, Code = 3a, Qualifier = 0
fdomain: REQUEST SENSE Key = 2, Code = 3a, Qualifier = 0
fdomain: REQUEST SENSE Key = 2, Code = 3a, Qualifier = 0
fdomain: REQUEST SENSE Key = 2, Code = 3a, Qualifier = 0
sdb : READ CAPACITY failed.
sdb : status = 0, message = 00, host = 0, driver = 28 
sdb : extended sense code = 2 
sdb : block size assumed to be 512 bytes, disk size 1GB.  
ne.c:v1.10 9/23/94 Donald Becker (becker@cesdis.gsfc.nasa.gov)
NE*000 ethercard probe at 0x300: 00 c0 df c4 8d 73
eth0: NE2000 found at 0x300, using IRQ 5.
Partition check:
 sda: sda1 sda2 < sda5 >
 sdb:scsidisk I/O error: dev 08:10, sector 0, absolute sector 0
 unable to read partition table
 hda: hda1 hda2 hda3 hda4
VFS: Mounted root (ext2 filesystem) readonly.
Adding Swap: 92732k swap-space (priority -1)
Swansea University Computer Society IPX 0.34 for NET3.035
IPX Portions Copyright (c) 1995 Caldera, Inc.
Appletalk 0.17 for Linux NET3.035





my Top pageドジ話の目次/ 前のドジ話|次のドジ話