my Top pageドジ話の目次前のドジ話次のドジ話

Vine が歌う!

  1999年10月19日(火)

  今まで、寂しいばかりのマシン環境でしたが、ちょっとばかり賑やかに
なりました。Vine Linux が喋り始めました。Kterm を開いたり閉じたりす
ると、「ピュコ」「ピューッ」と言ってくれます。他にも、アイコン化し
たりといった具合に何種類かの効果音が設定されています。

  Sound Blaster AWE64 gold (ISA)をインストールしました。

# この半月後に、Sound Blaster Live! がサポートされた、、、、。
# もうちょっと待てばこちらの安い方でいけたのに、、、。

コンソール画面で、

# sndconfig

で設定画面が現れて、指示に従っていったら設定が終りました。
といっても、すんなりいった訳ではありません。自動設定でも音はちゃんと
出るのですが、BIOS の設定とは異なっていました。それで、BIOS を変更し
手動設定で合わせました。(DMA 7 が無いので)

でも、このままでは root 権限でしか CD を聴くことが出来ませんので、一般
ユーザーで聴けるように、/etc/group に次のようにユーザ名を追加しました。
追加して再度ログインし直せば、 xcdplay で音楽が聴けました。

------------ /etc/group -------------
(省略)
disk::6:root,manpou   <--- ユーザ名をカンマで区切って追加する。
(省略)
-------------------------------------

  今も、CD 音楽を聴きながら、これを書いています。
こんなに綺麗な音が出るなんて思っていませんでした。

また一つ新しい世界が広がってきました。

  Vine で 音楽。

こんなの作ってくれた人に感謝です。

あっ、今「ドレミの歌」がかかっています。ドは、、、レは、、、。
懐かしい曲です。淡い青春の頃を思い出します。
# 今、青春という言葉は「死語」になってるとか、、、。

さっきまで、大好きな Brenda Lee の「わが心のサンフランシスコ」
を聴いていました。

次は、"そう曲"の「六段の調」でも聴いて、これに合わせて尺八でも吹こうかなあ
という感じです。
# "そう"というのは琴のことですが、この漢字が出ないので、、、。
# これ嘘じゃないよ。一応、「琴古流準師範免許」持っています。
# 一人、「鹿の遠音」等の古曲を演奏して楽しんでいます。

 Vine で"そう曲"聴きながら尺八演奏をする。こんな事がやれるようになるとは思っ
ていませんでした。

満足です。



my Top pageドジ話の目次前のドジ話次のドジ話