西鞘ケ谷地区
「市立鞘ケ谷陸上競技場」 (西鞘ケ谷町16番付近)

良く大会が開かれています。
この時は、小中学生の大会が行われていました。



「鞘ケ谷ラグビー場」 (西鞘ケ谷町22番付近)

新日鉄のラグビー場です。



「蛍の里」 (西鞘ケ谷町10番付近)

ホタルの繁殖する川です。
新幹線の湧水を利用しています


「蛍のビオトープ」 (西鞘ケ谷町10番付近)

毎年6月にはたくさんの蛍が綺麗に飛び交ってます。
百万都市のど真ん中でですよ、信じられますか!?


「 鞘ケ谷ホタル公園」 (西鞘ケ谷町23番付近)

毎年6月にホタル祭りが盛大に開かれます。



「 天籟寺川」 (西鞘ケ谷町6番付近)

天籟寺川はビオトープ河川です。
「 鞘ケ谷戦災死三十一柱之碑」 (西鞘ケ谷町4番と7番の間の道沿い)

鞘ケ谷小学校に残された記録から捜しあてました。

昔、昭和20年8月8日、鞘ケ谷一帯は米軍の空襲を受け、
焼夷弾で322軒が焼かれ、焦土と化し焼け野原状態だったそうです。
その地獄の中で、31名もの多くの方が亡くなられたとのことです。
この戦災で亡くなられた方達を悼んで、
昭和29年に「鞘ケ谷戦災死三十一柱之碑」が建立されたと記録されています。
8月8日の7日後の15日に戦争が終わりました、、、、。
戦災慰霊碑の場所の外観

道路からは板塀に囲われて中が見えません。
板塀を取っ払うか、
名称板を設置するのが良いのではと思います。
でないと慰霊碑の存在自体が判りません。
「 鞘ケ谷市民センター」 (西鞘ケ谷町3番)

鞘ケ谷の市民センターです。



「戸畑バイパス」 (大谷と鞘ケ谷を分ける国道3号線バイバス)

福柳木町、金比羅方面を望む(北東方向、下り坂)

東大谷(左手)、西鞘ケ谷(右手)


「戸畑バイパス」 (戸畑バイパス)

美術館、皿倉山方面を望む(南西方向、上り坂)

西鞘ケ谷(左手)、東大谷(右手)


「 光と風の教会」 (西鞘ケ谷町11番)

「鞘ケ谷ガーデン」というレストランに併設されています。
結婚式が良く行われています。

長女もここで式をあげました。


戻る