夜宮公園地区
「夜宮公園」 (夜宮1丁目1番〜2番)

正門で、なんじゃもんじゃ通りに面してます。
この右側に「あやめ池」があります。

「あやめ池」 (夜宮公園内)

6月は花菖蒲祭りが開かれます。
花菖蒲は他に日本庭園にもあります。

花菖蒲祭りの頃のあやめ池

あやめ・杜若・花菖蒲の違いは、
杜若(かきつばた):水の中だが水際。
花菖蒲(はなしょうぶ):水際の陸上だが水気の多いところ
あやめ:陸上乾燥地。戸畑あやめ。

花菖蒲祭りで苗を貰って帰りました。
元気に大きく育ってます。
「日本庭園」 (夜宮公園内)

花菖蒲畑から見た日本庭園。


「日本庭園」 (夜宮公園内)

日本庭園。


「戦没者慰霊塔」 (夜宮公園内)

お盆にはここで夜宮の盆踊りが開かれます。

天籟寺地区には古くから「天籟寺の盆踊」が伝わっています。
毎年8月13日夜にはこの公園の広場で踊られています。
太鼓を中心に歌に合わせて踊る優美軽快な踊りです。
思案橋、調子踊、七つ拍子、大津絵の4種の踊りがあります。
市指定無形民族文化財です。
「夜宮弓道場」 (夜宮公園内、夜宮1丁目2番)

よく弓道の試合が行われています。
女性の多いのにはびっくりしています。
的に当てるのはなかなか難しそうです。
σ(^ ^)アーチェリーはやりましたが、和弓は経験ありません。
「夜宮の梅林」 (夜宮公園内、夜宮1丁目2番)

2月頃は綺麗です。
夜宮の弓道場の横です。

梅林は近くでは他にも菅原神社の境内にもあります。
「天籟寺小学校)」 (夜宮2丁目1番)

前の通りは「なんじゃもんじゃ通り」です。
西側の道路には「夜宮の大桂化木」が転がってます。
東側は「あやめ池」、奥は「大池」があります。
雰囲気的には、公園内にある小学校と言った感じです。

「 夜宮の大桂化木」 (天籟寺小学校横の通り)

日本最大級の巨大な木の化石です。
約3500万年前の地層から出たニセホバシライシの木だそうです。
こんな大変なものが天籟寺小学校の横の通りに無造作に転がってます。

天籟寺市民センター (夜宮2丁目4番)

「戸畑高校)」 (夜宮3丁目1番)

旧制「戸畑中学」が戸畑高校、天籟寺中学校に分かれました。
旧制ち言われても??です。



「 巡り坂池」 (夜宮公園内、天籟寺小学校と戸畑高校の間)

池の周囲をグルッと巡れるからこの名が付いた?
戸畑高校横の浅い池で、びっしりと藻が生えてます。
休日は、ふな釣り人で賑わっています。
子どもと良くザリガニ釣りに行ってました。
子供とは「大池」と呼んでました。
「瓢箪(ひょうたん)池」とも呼ばれてるみたいです。
「旧松本家住宅」 (一枝1丁目4番)

明治後期の典型的な貴紳住宅で、重要文化財(建築)の指定を受けています。
明治42年(日本館)、43年(洋館)に建築。
夜宮公園の南端に位置し、岩ケ鼻公園へはすぐの所です。


緑地保全地区 (松本邸に隣接)

戻る